工事について

ケーブルプラス電話の工事は概ね以下の4つのパターンがあります。工事を行う前に必ず現場でのお打ち合わせをさせていただきます。工事内容をご理解いただいた上での工事なので安心です。


NTTなどの電話番号を継続して利用する場合

インターネット用の配線がある場合は、インターネット用の線を分配して、EMTA設置場所まで同軸ケーブルを配線します。

ケーブルプラス電話の工事内容
■パターン1
露出配線で、主にクーラーの穴などから線を入れ、EMTA(電話用端末)を設置します。工事の段階では、電話番号の移行ができないので一旦NTT回線もEMTAに接続します。番号移行が終わった後はNTT回線の電話線は外していただきます。
■パターン2
既設のテレビの線を利用する方法です。工事の前にテレビの線が使用できるか調査します。目安として築10年以内の建物に限定されます。この場合も一旦NTT回線もEMTAに接続します。番号移行が終わった後はNTT回線の電話線は外していただきます。
工事について1

NTTなどの電話番号を継続して利用しない場合

インターネット用の配線がある場合は、インターネット用の線を分配して、EMTA設置場所まで同軸ケーブルを配線します。

ケーブルプラス電話の工事内容
■パターン3
露出配線で、主にクーラーの穴などから線を入れ、EMTA(電話用端末)を設置します。
■パターン4
既設のテレビの線を利用する方法です。工事の前にテレビの線が使用できるか調査します。目安として築10年以内の建物に限定されます。
工事について2

お申し込みフォームへ
このページのトップへ
※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税抜です。