ケーブルプラス電話

サービスについて

料金について

お申し込みについて

ご利用方法について

サービスについての回答

Q1. ケーブルプラス電話に対応しているエリアは?

A1.ぶんぶんテレビがご利用いただけるエリアになります。

佐賀市や神埼市・小城市・吉野ヶ里町のサービスエリアでご利用いただけます。但し、一部のエリアは現在ではケーブルプラス電話のご利用ができない地区があります。詳しくはぶんぶんテレビまでお問い合わせください。
サービスエリアはこちら>>>

Q2. ケーブルプラス電話に加入した場合、現在使用している一般電話は解約?

A2.基本的に休止になります。

今までご利用の電話番号を継続してケーブルプラス電話をご利用になる場合は、KDDIが代行して、休止、または解約のお手続きを行ないます。電話番号を継続利用するためにもお客様では絶対に手続きをしないよう気を付けてください。
電話番号を継続されない (または継続できない) 場合はお客さま自身でNTT西日本に休止、または解約のお手続きをしていただく必要があります。ぶんぶんテレビ、KDDIでは代行しませんのでご注意ください。

Q3.いま使用している電話機を変える必要はありますか?

A3.必要ありません。

現在ご利用の電話機をそのままお使いいただけます。ただし、一部の電話機(ISDN専用電話機、電話機能付インターフォンなど)を除きます。

Q4.「au→自宅割」とはどういうサービスですか?

A4.auケータイご自宅のケーブルプラス電話への国内通話が無料になるサービスです。

auケータイご契約時に登録された「ご契約者のご自宅電話番号」とご自宅のケーブルプラス電話の電話番号が同じ場合に、自動的に適用されます。但し、「請求書送付先電話番号」「勤務先電話番号」への通話は無料の対象外です。また、「ぷりペイドサービス」をご利用のお客様も対象外です。
他にも、ケーブルプラス電話とauケータイをセットでご利用いただくと「auまとめトーク」「ケーブルプラス電話auケータイセット割」などのおトクなサービスがあります。

Q5.050IP電話との違いは?

A5.品質や電話番号が違います。

「050IP電話」も、「ケーブルプラス電話」も、「IP電話」の一種で、ブロードバンド回線を利用した電話サービスです。(そのため、停電が起こると利用できません) 「050IP電話」は、ぶんぶんテレビから050ではじまる電話番号が割り当てられます。 「110」や「119」などの緊急通報用番号や一部のフリーダイヤルなど、かけることのできない番号があります。
「ケーブルプラス電話」は一般の電話回線のような、0ABJ番号(佐賀の0952や東京の場合は03)などが割り当てられます。050IP電話との違いは、050IP電話ではかけられない緊急通報番号も利用可能な点と、一般電話と同じような付加サービス(キャッチホンなど)の提供も受けられる点です。

Q6. 通話のセキュリティは確保されていますか?

A6.最新のセキュリティ技術を用いてサービスの安全性を確保しております。

当社よりご案内の接続方法であれば特に心配はございません。 IP電話アダプタに登録されているID、パスワードなどはインターネット網を通る際にはすべて暗号化されます。ただし、電話機内やコードレスフォンの盗聴にはお気を付けください。

Q7. 電話帳(ハローページ・タウンページ)への掲載や104番号案内はどうなるのでしょうか?

A7.今まで通り大丈夫ですが、電話帳は届かなくなります。

お申し込み時に、104番号案内やハローページへの掲載の希望をお聞きします。案内や掲載を希望される場合は、 ケーブルプラス電話のお申込者名でのご案内になります。また、お申込者名が法人の場合はタウンページに掲載します。タウンページの掲載名については、電話帳会社からヒヤリングが入る場合があります。

Q8.ADSLは利用できますか?

A8.ご利用いただけません。

現在、NTT回線でADSLをご利用のお客様は、ケーブルプラス電話に変更されると継続してADSLのサービスをご利用いただくことはできません。ADSLのご解約についてはお客様での手続きとなります。また、ぶんぶんネットとケーブルプラス電話をセットでご利用いただきと更におトクなセット割引があります。

Q9. 今、電話で使っている付加サービスで利用できないものはありますか?

A9.概ね同等の付加サービス(オプションサービス)を準備しています。

割込通話(NTTのキャッチホン相当)や発信番号表示(NTTのナンバー・ディスプレイ相当)などの付加サービスも充実しています。着信転送のサービスはNTTのボイスワープとは若干異なりますのでお気を付け下さい。

オプションサービスのご案内

Q10.パソコンがないと使えないのですか?

A10.必要ありません。

050IP電話と違い、ぶんぶんネットのご利用がなくてもケーブルプラス電話のお申込みは可能です。但し、ぶんぶんネットとセットで使うとおトクなセット割が適用されます。
セット割引料金

Q11.品質に問題はないですか?

A11.問題ありません。

ケーブルプラス電話はKDDIの高品質なIPネットワークを活用した電話サービスです。従来の電話と遜色ない通話品質・安定性を実現し、110番や119番などの緊急通報も可能といたしました。
※総務省の定める0952などで始まる電話番号(0AB~J番号)の電話サービスを提供する基準を満たしております。

Q12.ビジネスホン、ホームテレホン等を使っているのですが、ケーブルプラス電話を利用できますか?

A12.ご利用いただけません。

申し訳ございませんが、ビジネスホン、ホームテレホン等をご利用の場合、ケーブルプラス電話はお使いいただけません。(ビジネスホンの一部IP電話対応付の機種を除く)

Q13. ACR(LCR)機能付きの電話機(アダプタ)を利用しているのですが、問題ありませんか?

A13.ACR(LCR)機能を無効にしますので問題ありません。

ACR(LCR)アダプタをご利用の場合は、取り外します。また、ACR(LCR)機能が内蔵された電話機(コミスタを含む)等をご利用の場合は、ACR(LCR)機能を無効にします。

Q14. 複数の電話機を接続して利用できますか?

A14.いいえ、ケーブルプラス電話に接続できる電話機は、基本的に1台となっています。

ただしコードレス子機と本体親機というような使い方の場合はご利用いただけます。

Q15.工事が必要ですか?

A15.はい、必要です。

ケーブルプラス電話線用の端末機の設置が必要です。工事内容については、サービス内容のご説明にお伺いする際に併せて工事内容もご説明させていただきます。

Q16.110番や119番はかけられるのですか?

A16.はい、かけられます。

「118」 (海上保安庁) への通話もできます。

Q17.誰でも加入できますか?

A17.一般のご家庭であれば概ね大丈夫です。(ぶんぶんテレビのサービスエリア内)

ケーブルプラス電話はご家庭向けや小規模な店舗・事務所向けのサービスとなっております。このため、複数台の電話があるビジネスホンなどへのサービス提供ができません。あらかじめご了承ください。また電話帳の掲載、104番号案内や電話帳はハローページ (個人名編・企業名編)およびタウンページ の掲載が可能です。

Q18.利用できないサービスはありますか?

A18.一部の電話番号は利用できません。

「0990」のダイヤルQ2や「0180」のテレゴングなど、一部ご利用いただけないサービスがあります。
詳しくは、「ケーブルテレビに関する説明事項」の「別表1」接続可否をご覧ください。

Q19.通信カラオケ機器は利用できますか?

A19.ご利用いただけない場合があります。

通信カラオケ機器を電話回線に接続してご利用されている場合は、通話先の電話番号によりご利用いただけないことがございます。また、接続可能な電話番号であっても通信環境 (宅内環境、通信機器、回線状況) などの影響によりご利用いただけないことがあります。

Q20.ホームセキュリティサービスやガスの自動検針などが利用できなくなると聞いたのですが?

A20.サービス提供会社にお尋ねください。

ノーリンギング通信サービス (電気・ガス・水道など遠隔検針制御、各社)、信号監視通信サービス (警備会社など) などは、ご利用いただけなくなります。これらのサービスをご利用中、もしくはご不明な場合は、お客様ご自身でサービス提供者 (ガス会社、警備会社など) へご連絡ください。利用の如何にかかわらず料金が発生する場合があります。

料金についての回答

Q1.なぜ安くなるのですか?

A1.ぶんぶんテレビとKDDIの提携でシンプルな料金体系を実現したからです。

今までは、マイラインなどで選択した中継電話会社とNTT西日本の通信設備を介して電話をつなぐため、NTT西日本の基本料と中継電話会社へのお支 払いが発生しておりました。ケーブルプラス電話では、NTT西日本の加入電話回線に相当する部分をケーブルテレビ各社との提携により提供するため、従来より安い基本料を実現しました。また、通話料についても中継電話網にKDDI 独自の高品質IPネットワークを用いることでコストダウンを図り、従来より安くシンプルな料金体系を実現しております。

Q2.料金はどのように請求されるのですか?

A2.毎月のご請求についてはぶんぶんテレビからのご請求となります。

ぶんぶんテレビやぶんぶんネットと電話の請求を1つにまとめられます。請求が一本化されるので毎月のお支払いが手間無くカンタンに行えます。

Q3.ケーブルプラス電話を申込むのに掛る費用は?

A3.お申込み月のキャンペーン価格が適用されます。

現在、ぶんぶんテレビやぶんぶんネットをご利用のお客様は、初期費用無料でご利用いただけます。

Q4.料金の支払方法はどうなりますか?

A5.ぶんぶんネットの利用料と一緒に引落されます。

ぶんぶんフォンの通話料と基本料金は、ぶんぶんネットの利用料と一緒に引落されます。

Q5.支払方法は、クレジットカード・口座振替・請求書払いを選択できますか?

A5.いいえ、口座振替のみでしかお支払いいただけません。

毎月27日(金融機関休日の場合は翌営業日)に口座引落されます。

Q6. 法人向けの料金体系はありますか?

A6.ありません。

ケーブルプラス電話はご家庭向きのサービスとなっておりますので、代表組みやダイヤルインサービス相当の法人向けサービスはございません。

Q7. 通話明細サービスはありますか?

A7.はい、インターネット上でご確認いただけます。

通話明細はインターネット上の「auお客さまサポート」からご確認いただけます。通話明細書の郵送をご希望される場合は、別途お手続きが必要ですので、ぶんぶんテレビにお電話ください。請求書とは別送でKDDIよりお届けいたします。なお、発行手数料月額100円+税がかかります。

お申し込みについての回答

Q1.ケーブルプラス電話のみの契約はできますか?

A1.はい、できます。

ぶんぶんテレビのサービスエリア内であれば、ケーブルプラス電話だけのご利用も可能です。ただし、新規のご加入の場合は加入金や工事費が必要になります。

Q2. 電話番号を2つ取得できますか?

A2.いいえ、電話番号は1契約で1つです。

電話番号が2つ必要な場合は、2契約になります。それでも、事務用のISDN回線基本料より割安です。

Q3. 法人の契約は可能ですか?

A3.はい、法人のお客様もご契約いただけます。

名義は、個人/法人に関係なくご契約いただけます。
ただし、今回ご提供するIP電話対応機器に接続できる電話回線は1回線のみとなっており、接続できる電話機も基本的に1台ですので、ご注意ください。

Q4. NTTから屋内配線をレンタルしているのですが、ケーブルプラス電話に加入したらどうなりますか?

A4.屋内配線料は不要になります。

NTT西日本の回線を休止、または解約される場合は屋内配線料を含め、月額料金が不要となります。

Q5. 新規に契約する場合、電話番号の指定はできますか?

A5.申し訳ございませんができません。

ナンバーポータビリティをご利用にならない場合、KDDIより新たに市外局番から始まる電話番号をご提供いたしますが、電話番号の指定はできません。

Q6.申し込みから開通まではどのくらいかかりますか?

A6.概ね2~3週間程度です。

お申込みのご連絡をいただきましたら1週間程度でご自宅にご説明にお伺いいたします。問題なければお申込書をご記入いただき、更に1週間程度で設置工事にお伺いします。ナンバーポータビリティ(今の電話番号を継続利用)をしない場合は、この時点ですぐご利用いただけます。ナンバーポータビリティされる場合は、工事完了の1週間後にケーブルプラス電話が開通します。

Q7.最低利用期間はありますか?

A7.最低利用期間は6ヶ月間です。

加入金や工事費が割引されたキャンペーンでご加入された場合には最低利用期間を設けています。工事完了月の翌月から起算して6ヶ月間は解約することができません。解約される場合は、最低利用期間に満たない期間の基本料金を違約金としてお支払いいただきます。

Q8.ケーブルプラス電話の休止はできますか?

A8.できますが、基本料は発生致します。

一時休止はできますが、現在の電話番号を継続させるために月額基本料は通常通り発生たします。電話番号が変わってもいいのであれば一旦ご解約することで月額基本料の請求を止めることができます。(解約の際には事務手数料として3,000円+税が必要です。)

Q9.ケーブルプラス電話を解約するには?

A9.当社までお電話にてご連絡ください。

0120-55-3734までご連絡下さい。EMTA撤去などの日程を決めさせていただきます。また、解約は月単位となります。解約を希望される月の末日までにご連絡下さい。 また、解約の際は解約の事務手数料として3,000円+税が必要になります。

ご利用方法についての回答

Q1. 電話のかけ方は変わりますか?

A1.いいえ、これまでのかけ方と変わりません。

これまでの一般電話機のダイヤル操作と変わりません。

Q2. 電話の受け方は変わりますか?

A2.いいえ、これまでの受け方と変わりません。

これまでの電話の受け方と変わりません。

Q3. 発信できない番号はありますか?

A3.あります。以下をご参照ください。

「0990」のダイヤルQ2や「0180」のテレゴングなど、一部ご利用いただけないサービスがあります。
詳しくは、「ケーブルテレビに関する説明事項」の「別表1」接続可否をご覧ください。

Q5.FAXは使えますか?

A5.概ね大丈夫です。

FAXについては、一般家庭用のFAXであれば概ねご利用いただけます。※FAXについては、お客様の宅内環境、通信機器、回線状況の影響を受けることがあります。

Q6. 停電の時にも電話できますか?

A6.停電の場合はご利用いただけません。

停電の場合は、ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)が動作しないため、ご利用になれません。携帯電話やお近くの公衆電話等をご利用ください。

Q7. オプションサービスは申込できますか?

A7.はい、オプションサービスも充実しています。

例えば、ナンバー・ディスプレイやキャッチホン相当のサービスがお申込みいただけます。
オプションサービスの詳細はこちらをご覧ください。

このページのトップへ
※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税抜です。